高精細映像を送りたいが、非圧縮だと帯域が大きくファイバや回線または高速イーサネット回線を確保できない、というような場合に映像を圧縮して一般のイーサネットで通信する方法があります。非圧縮に比べて遅延時間は増えてしまいますが、遅延をなるべく減らしてリアルタイム性を持たせたい、このような場合に専用ハードウエアを使う方法があります。
例えば、ライブ中継で双方向のリアルな掛け合いを重視しない場合などに適応可能です。
従来の圧縮用の専用ハードウエアは大掛かりかつ高コストでしたが、弊社が標準的にご提供するのは小型サイズ (127 mm X 107.5 mm X 38.1 mm)のエンコーダ(映像を圧縮しイーサネット信号に変換するもの)です。またデコーダ (イーサネット信号を受け圧縮を解くもの)の専用ハードウエアもご提供し組み合わせたシステム構築も致します。これらは4Kの高精細映像を扱うことが可能で、その映像インターフェースはHDMIとなっており、一般のビデオカメラやビデオモニタを接続しやすくなっております。
映像圧縮の方式はいろいろありますが、標準的なH.265(HEVC)やH.264(MPEG AVC)に対応可能、もちろん音声も 伝送いたします。

エンコーダの概略仕様を下に記載します。

  • 最高解像度:4K (3,840X2,160) 30fps Progressive  (HD(1,920X1,080)などにも対応可能です)
  • 圧縮方式:H.265, H.264 (4K30Pの場合はH.265となります)
  • ネットワーク帯域:5~30Mb/s
  • 映像入力:HDMI1.4, 3G-SDI (HDまで対応)
  • 音声入力:HDMI重畳, SDI重畳, 3.5mm Audio
  • 消費電力:<10W
  • サイズ: 127 mm X 107.5 mm X 38.1 mm (突起部含まず)

ハードウエア単体のご提供だけではなく、お客様のご要望を伺ってシステムをご提案し、構築してまいります。
機器はたいへん小型ですので、お客様サイトにご訪問してモンストレーションを行うことも可能です。
お気軽にお問い合わせください。