テレセッションの超低レイテンシーつまり「ゼロ遅延」の特長を活かし、片方向の映像伝送を行うシステムをご提供しております。
指揮者を直視できない演者(パイプオルガン奏者やバンダ演奏者)のためのいわゆる指揮者モニタにご利用いただける劇場内モニタをソリューションの項にてご説明しておりますが、同じ建物内もしくは遠隔地においても、ゼロ遅延で4K映像を伝送することが可能です。


4KビデオカメラからのHDMI信号を光信号に変える送信機と、光信号を4Kモニタに接続可能なHDMI信号に変換する受信機からなります。本機は4K信号に対応するだけでなく、HDをはじめ様々な解像度、フレームレートも各種に対応しております。詳しくはお問い合わせください。
劇場用モニタとしては映像遅延がなるべく小さいことが要求されます。
遅延については別途解説いたしましたが、光伝送部の遅延は無視できるくらい小さく、主にビデオカメラとビデオモニタによるものとなります。遅延の少ない機器を選び、さらにフレームレートを高くすることにより、より小さな遅延時間とすることが可能です。
下の写真は弊社製送信機・受信機に、120フレーム毎秒のビデオカメラとそれを受けることができるビデオモニタを接続したものであります。このシステムにおいて8から24ミリ秒の遅延時間の実測値が得られており、劇場用モニタとして旧来のアナログモニタを置き換えることが可能であるとのご評価を頂戴しております。
お客様のご要望をお伺いし、弊社にてこのようにシステムアップしてお届けすることも可能です。


送信機、受信機の仕様を下の表に示します。

通常HDMI機器にはEDID(Extended Display Identification Data、拡張ディスプレイ識別データ)という機能が備わっています。これは映像ソース機器すなわちビデオカメラから、映像シンク機器すなわちビデオモニタ側に解像度ほかの情報を問い合わせ必要に応じ出力フォーマットを制御する機能です。例えばパソコンをHDMIケーブルでプロジェクタにつなぐ際、少し時間がかかって映像が出てくるかと思いますが、これも解像度情報をパソコンがプロジェクタに問い合わせ、解像度を調整することを行っています。
本システムでは簡易に構成するため、送信機はビデオカメラにあらかじめ設定した固定のEDIDを返すようにしています。必要に応じて変更することは可能ですので、その際はお問い合わせください。

これまでは送信機と受信機とを1対1で接続することについて述べました。さらに、一つのビデオカメラの映像を複数地点に送りたいとか、逆に複数のビデオカメラの映像から必要なものを選択したい、というような場面もあります。
複数地点に送りたい場合は光ファイバの途中に分配器を挿入し、光信号のまま複数地点に分配します。現在4地点までの分配器をご用意していますが、その他の場合にも対応可能ですのでお問い合わせください。複数のビデオカメラからの光信号を選択するには光スイッチを用います。
これらの分配器や光スイッチは信号が遅れる要素はありませんので、「ゼロ遅延」のまま信号の操作を行うことができますので、送受信機の特性を損なうことなくお客様のご要望にお応えすることが可能です。