低遅延の映像伝送と一口に言っても、アプリケーションによってどのくらいなのか色々です。
弊社が得意とするのは数フレームの領域、数十ミリ秒程度です。
よく使われる映像フォーマットは30フレーム毎秒ですがこれだと33ミリ秒かかってしまいます。60フレーム毎秒で16.7ミリ秒、これで2~3フレームの領域です。
もっと速く!といわれると、120フレーム毎秒のご提案を差し上げます。

一方、一般のインターネット経由でIP圧縮して伝送する場合、単に中継をするだけでしたら、秒程度の遅れはさほど問題にならないかもしれません。それでも、スポーツ中継を見ていて、隣のパブからは「ウォ~~」と歓声が上がってるのに、自分のところの映像が遅れるのはやや興ざめです。やはり、速いほうが嬉しいと思います。

数十ミリ秒の遅れは慣れないと気が付かないほどです。なので、あえてわかりやすくゼロ遅延と言っています。
なお、そのゼロに近い遅延を測定するソリューションもご提案しておりますので、関連ページをご参照ください。