株式会社光パスコミュニケーションズの代表をしております松浦裕之でございます。

弊社紹介を兼ねてご挨拶を申し上げます。

皆様の家庭が光ファイバでインターネットに接続されていて、都市間に光ファイバネットワークが敷設され、海底ケーブルも全て光ファイバですので、光通信は非常にポピュラーな技術です。また最先端の研究開発は各機関で精力的に行われ、今や伝送速度は100ギガビット毎秒は当たり前、学会ではその10倍の1テラビットが議論されています。波長多重という技術を使えば、その更に100倍も可能です。
また、テレビの生中継は光通信のおかげで日本全国いや世界中の今の姿を見ることができます。

しかしながら、一般の方が光ファイバを自由に使うことはまだまだ難しいのが現状でして、インターネット経由のIP伝送技術を使った解像度が低い映像、遅延がある映像で「我慢」しているような状況と思います。今までは、IP伝送技術を使ったビデオ会議(テレビ会議)でプレゼンを一方的に行ったあと、質問を募るだけなら、とりあえずはつながって良かった、それで充分だったのかもしれません。しかし、それに満足して良いのでしょうか。

私共のテレセッションをご体験いただければすぐにお判りいただけますが、遠隔地がすぐそこにあるような感覚、すなわち遅延がないリアルタイム伝送は、大きな広がりを持っていると考えております。これは光ファイバ伝送技術および高精細映像技術を適切に利用することにより実現しています。テレセッションの普及のためには従来の光ファイバ網と同じ機器では高コストとなってしまうので、例えばHDMIに代表されるようなシンプルな映像インタフェースを採用するなど工夫をしております。

このテレセッションは一つのアプリケーションであり、従来は敷居の高かった光ファイバを自由に使えるようにするのが我々の使命と考えております。
弊社は光ファイバ伝送や高精細映像にかかわる皆様のいろいろなお悩みを解決できることと確信しておりますので、どうぞお気軽にお声がけください。

 

Optical communication is a very popular technology because many homes in Japan are connected to the Internet via optical fiber, optical fiber networks are installed between cities, and all of international communication are by submarine optical fibers. Moreover, state-of-the-art research and development has been energetically carried out at many institution, now the common transmission speed is 100 Gigabit per second, 1 Terabit beyond have been debated among the researchers. If you use the technology of wavelength multiplexing, it is possible 100 times or more in capacity. Also, live broadcast of television can be seen throughout Japan or the whole world around the grove thanks to optical communication technology.

If you experience our tele-session, you can understand that the distant place is immediately next to you. The low latency is achieved by uncompressed video transmission, and high-resolution video and high-quality audio give us more realistic feeling. Appropriate use of optical fiber transmission technology and high definition video technology are key for this application. In order to disseminate tele-session, the cost as the conventional optical fiber network systems is not allowed, so we employed a consumer video interface HDMI to our set top boxes, for example.

This tele-session is one application, and we think that our mission is to make it possible to freely use the optical fiber which had traditionally been high threshold. We are confident that we can solve various problems of everyone involved in optical fiber transmission and high definition video, so please do not hesitate to contact us.

Hiroyuki Matsuura, President