遅延測定ユニットのソフトウエアの大幅バージョンアップを行いAccuLatencyIIとしてリリースしました。

従来からお使いいただいているソフトウエアAccuLatencyをより使いやすく致しました。
初めてお使いになる場合など各パラメータの設定がやや煩雑でありましたが、次の3ステップに整理しました。
  1: LED、PDの物理的配置の調整、繰返し時間の決定⇒Positionボタン
  2: LEDの点灯時と消灯時の明るさを測定する⇒Pre-Scanボタン
  3: 実際に遅延時間を測定する⇒Measureボタン

2024年2月1日出荷分から製品適用しております。
なお、ハードウエアに関する変更はなく、
   既出荷ハードウエアに新ソフトウエアを使用
   新規出荷ハードウエアに旧ソフトウエアを使用
のどちらでも動作可能です。

変更点一覧(AccuLatencyII, Version:20240120-01)は次の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

前の記事

InterBEE2023ご来場御礼