ホームページ改訂:クラウド経由の「4K IP生放送」

4K映像をIP圧縮する機器を弊社にて取り扱っています。シンプルで小さな機器ですが4K映像が扱える優れ者ですが、今までホームページでご説明していなかったクラウド経由での映像配信/ライブストリーミングの機能も有しています。
一般のエンコーダではクラウド側の処理などで大きな遅延が生じ、10秒から30秒のオーダとなることがあります。Videon社製エンコーダ(EdgeCaster)はそれ自体がCMAF (Common Media Application Format) をサポートしていますので、遅延が数秒(4秒以下)にまで低減し「4K IP生放送」が実現できます。
詳しくはこちらをどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 4 =