MENU

株式会社光パスコミュニケーションズ(HPC)は、超低遅延の映像伝送および関連事業を行う会社です。
低遅延を実現する方法はいろいろありますが、第一は茨城県つくばの研究機関である産総研*で開発された新しい通信技術であるダイナミック光パスネットワーク(DOPN)を用います。非圧縮映像を光に変換し、光を光のまま伝送するので超低遅延、いや”ゼロ遅延”といっても過言ではありません。テレセッションと名付けたシステムは、従来のインターネットを介した圧縮伝送とは大きく異なり、相手が目の前にいるような活き活きとしやり取りが可能です。はなれた地点を光で“つなぎ”、最高のコミュニケーション環境を提供し皆様の暮らしや社会を豊かにしてまいります。
産総研のテレセッション/DOPN技術のビデオはこちらを参照ください。

DOPNによる伝送だけでなく非圧縮IP伝送、専用ハードウエアによる圧縮IP伝送さらにライブストリーミング「生放送」もご提供します。そして、映像伝送に限らず、通信事業者としてお客様のご要望に応じた光ファイバ網の構築も行います。
また、遠隔地だけでなく建物内のゼロ遅延伝送、例えば劇場内のゼロ遅延モニタ(指揮者モニタ)も製品化しております。遅延時間を定量化する遅延測定ユニットを開発しました。5G関連の遅延評価にもご利用いただいています。4K8K映像システムの構築、光スイッチユニットなど技術を活用した製品もご提供いたします。詳しくはそれぞれのソリューションや技術の説明をご覧ください。

*     国立研究開発法人  産業技術総合研究所    http://www.aist.go.jp/
2018年3月に終了した国プロである「光ネットワーク超低エネルギー化技術拠点」VICTORIES (Vertically Integrated Center for Technologies of Optical Routing toward Ideal Energy Savings   https://unit.aist.go.jp/esprit/victories/) プロジェクトを推進。協働機関10社と連携し、光ネットワークを超低エネルギー化する技術の研究開発を、デバイスからネットワークアーキテクチャまで垂直融合して進め、激増する情報通信量による電力消費の著しい増大を抜本的に低減するネットワークシステムを提案実証した。

HikariPath Communications Co., Ltd. (HPC) is a service provider of the video transmission with high-resolution and low latency. The real-time bi-directional video transmission named as ”Tele-session” realizes “Remote Coexistence” environment.
HPC was established to commercialize a new optical communication technology, DOPN which was developed by a national research project, VICTORIES conducted by AIST (National Institute of Advanced Industrial Science and Technology).
We will “link” the spots that made use of DOPN with very simple equipment and enrich our lives and society with the best communication.