電波技術会報FORN9月号に記事が掲載されました

「8Kに賭ける人々(第十一回)”WITHコロナ” 急がれる遠隔共存社会」と題してテレセッションの記事が掲載されました。
有名プロデユーサの新山賢治さんからインタビューを受け、テレセッションを紹介していただきました。ドラえもんの『どこでもドア』に例えていただき、あたかも遠く離れたところへ移動したような体験を活き活きと描いていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − six =