高精細映像の伝送において「ゼロ遅延」「低遅延」をキーワードに、開発を進めています。
光伝送であるDOPN(ダイナミック光パスネットワーク)は、途中にルータを介さず、光を光のまま伝送するネットワークであり、遅延する要素がありません。仮に100km伝送しても0.5[ミリ秒]しかかかりません。一方、映像の変化の速さは16.7[ミリ秒](60[フレーム/秒] 時)という具合に、光伝送が桁違いに速いことがわかります。⇒詳しくはこちら(ゼロ遅延、低遅延)

遅延をどうやって測るか、ビデオカメラの前で手を振ってモニタに映る自分の映像を見るのが簡便な方法。展示会などで製品の前でやってみたりします。慣れてくると感覚である程度は分かりますが、まだまだ修行が足りないため、正確なことは言えません。
遅延をキーワードにするからには、それを定量的に測ることが技術的に必要です。ストップウオッチで測れるほどの遅延量でしたら苦労しませんが、数十ミリ秒以下ではそうはいきません。一般的な議論とともに、弊社で使用している測定方法について解説いたします。⇒詳しくはこちら(遅延時間を測るには)

インターネットが誰でも簡単に使える、5Gはじめとするモバイル通信で活用するなどなど、通信インフラが社会を豊かにしていますが、これらを支える光伝送技術について考えます。自宅に来る光ファイバは100Mb/sとか1Gb/sと高速の数字ですがほかの人と帯域を分け合っています。一方交換局間を結ぶ回線は100Gb/s~400Gb/s、更にもっと高速の技術も研究開発されています。光通信すべてを語るわけにはいきませんが、その片鱗を平易にご紹介し、弊社がどう貢献しようとしているかご紹介します。⇒詳しくはこちら(光伝送技術)

その高度な光通信の世界の新しいキーワードとして「ディスアグリゲーション」があります。従来は大手システムベンダーが大規模な何でもできるシステムを開発製造し、通信キャリアの長距離伝送ネットワークを構築していました。基本的には1つのベンダーの装置で構成され、他社のシステムと対向するということはしない閉じた構成でした。近年、ディスアグリゲーションの動きが盛んになり、システムを分割して機能別の各社モジュールを組み合わせるような流れが出てきました。
規模は異なりますが、弊社といたしましてもディスアグリゲーションの潮流に乗り、対応を進めております。⇒詳しくはこちら(ディスアグリゲーション)